読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beeちゃんの書道

小学校3年生のbeeちゃんは、学校で書道が始まっていました。

気に入ったようで「おばあちゃんの家に行ってお習字の練習をしたい!」というので、

夏休みだから行って来ました。

f:id:yasumi-08:20150813232300j:plain

私の母は何年も書道を習って、師範の資格があるんです。

そして張り切って書いた一枚目が↓こちら。

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20150814110516g:plain

ヾ(・∀・;)オイオイ。(名前部分はフォントです。)

 

後日、母がponちゃんに電話でグチを言うには…

「beeちゃんはいきなりリーちゃんの絵を描いたんだって。」

リーちゃんは実家にいたbeeちゃんが大好きだった三毛猫。

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20150813232301j:plain

「beeちゃんは硯でぜんぜん墨の量を調節しないから、白い下敷きにしなくてよかったって。

いくら言ってもボタボタで書いたんだって。」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20150813232302j:plain

「そしてビチャビチャの紙の上に別のを乗っけちゃうから、くっついちゃったんだって。

おばあちゃんが、いろいろ言ってもぜんぜん聞かないで…」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20150813232303j:plain

「半紙に”おばあちゃんはきびしすぎる”って書いたんだって。」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20150813232304j:plain

母には悪いけど大笑いしました。本当にbeeちゃんはキカンボウ!

ponちゃんも小さい頃からおばあちゃんに面倒を見てもらったけれど、1回もそんなことは

なかったし、とっても優しい子でした。

 

でもリーちゃんの絵は自分でも会心の作だったようで、beeちゃんの部屋のドアに貼って

あります。

 

 

f:id:yasumi-08:20150813232259j:plain

広告を非表示にする