beeちゃんの役

「今年はbee、目立つ役をやろうと思うんだ〜。あー!楽しみだなあ。」

f:id:yasumi-08:20151027105230j:plain

 って起きてくるなりbeeちゃんがそんなことを言っているので聞いてみました。

「もう、学芸会でなんの劇をやるか決まったの?」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105231j:plain

「お母さん、まだ運動会も終わってないんだよ?まだ学芸会の準備なんてやってないの。」

……だって、あんまり何度も言ってるからもう、クラスでそういう話になってるのかと

思うじゃない。

いつもはbeeちゃん、目立つのがキライなので一昨年の学芸会では大臣3とかそういう

地味ーなセリフのなるべく少ない役を選んだのでした。

学校で宿題になる交通安全のスローガンなんかも「選ばれないように書こうっと。」だって。

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105232j:plain

「beeちゃん、今日決めたんでしょ?どうなったの?」と聞いたところ…

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105233j:plain

「ガメツキランドの人3。セリフは367希望。」

……なんかよくわからないけど地味そうじゃない?でも、親友のカレンちゃんもガメツキランド

の人で、オーディションがあって、なんだかんだで、その役がよかったそうです。

同じ小学校だったお姉ちゃんが言うには、まだ3−4年生は主役というものがない劇で、

5-6年生になると主役、脇役みたいなはっきりわかれるような演目になるんですって。

父母から文句が出るから?最近の小学校も大変だなあ。

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105234j:plain

beeちゃんがどのくらい目立つことが嫌いかというと、彼女は学校の体力測定で一番下の評価

です。本人が気にしているみたいなんで「一緒に速く走る練習をしようか?」と聞くと…

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105235j:plain

リレーの選手に選ばれたら大変だから、それはしなくていいそうです。

小学生って不思議。

 

 

f:id:yasumi-08:20151027105224j:plain

広告を非表示にする