小児科診察室の様子

先日のコメント欄にあったけど診察中にものすごく泣く子、私は全然気になりません。

状況が理解できなかったり、逆にわかっているからこそ以前に怖いことをされた経験を覚えて

いたり…。それはしょうがないし、本人に説明するよりはより早く終わらせようと思います。

 

f:id:yasumi-08:20160405214129j:plain

 

コツは呼吸と呼吸の間に心音を聞くこと、泣き声の初めと終わりに呼吸音を聞くこと。

咽頭所見は、却って泣いている方が見やすかったりします。舌圧子がいらないから。

(看護師やお母さんの抑えが大事なんだけど。)

 

お腹の触診は、号泣していると硬くなっちゃって全くわかりません。泣き方で判断するしか

ない。元気に嫌がって泣いているのか、嫌なのに抗う力もないのか。

腸雑音は泣いているとほとんどわかりません。

 

 

 

 

患者さんを呼んだ時に、ご挨拶してくれると嬉しいですね。

「お願いします。」じゃなくても、「こんにちは。」って言ってくれるだけで。

目を合わせない子だと具合が悪いのかなと思うし…、

 

f:id:yasumi-08:20160405214216j:plain

 

大きい子なのに何も言わずに入ってきて目も合わせず、全部お母さんが説明するっていうのは

そろそろどうなの?と思います。もう中学生になったら自分でどう辛いのか言ってほしい。

小児科は一般に、初診の時15歳未満だと内科ではなく小児科。15歳でも高校生は初診から内科。

 

  

 

 

2歳の途中から会話ができる子がぼちぼち出てきます。

3歳 になると私の方をじいーっと見てくれるので、

「お熱が上がったんでしょ?それでお母さんが言ってたけど、今、頭が痛いの?」

「うん。」って会話できるんだけど、

 

f:id:yasumi-08:20160405214303j:plain

 

「 頭は痛くないの?」「うん。」ですよ。経験上、3歳の子はなんでもうんって言ってくれる。

4歳になると「痛いの?」「うん。」「痛くないの?」「ううん、痛い。」ってちゃんと

否定もしてくれます。お母さんにだけでなく、あまり親しくない人にもちゃんと話すって

このくらいの年齢になるとできるものなんだなと思います。 

 

 

f:id:yasumi-08:20160114114527j:plain

 

追記:ブログにそう書いたばかりですが、昨日の外来で2歳11ヶ月の女の子が立派に自分の症状を

説明できたので、個人差が大きいなと思い直しました。