『伝説のお母さんつづきから』を読んで

かねもとさんに頂きました。

伝説のお母さん つづきから

伝説のお母さん つづきから

 

あのテレビドラマ化された『伝説のお母さん』の続編ですね。

私はWebで連載しているときに読んでいたので、NHKでも見てました。

www.nhk.or.jp

MEGUMIさんが好きだなーと思ったし、面白かったです。

 

この続編も面白いですよ。人間界を我が物にしようとする魔王がね、人間を魔界に誘うのが相変わらず心憎い作戦。

保育所の整備

社宅

仕事の斡旋(9時ー5時)

を進め、魔王の手駒にならないものには、ある層にだけ効くしかし残酷な攻撃をしかけます。

お昼寝の時間にうるさい魔物を放ち安眠を妨害

毎日雨を降らせて外遊びを封じる

なんて恐ろしい!

それを伝説のシーフ、伝説の神官、伝説の拳闘士とまた伝説の魔法使いであるお母さんが戦うわけです。その他、新キャラもたくさん。

 

私はもう娘たちが20歳と14歳だけど、

「あー私もアンデッドの状態で当直明けに絵本を読んでたな。寝転がっていたら読んでいた本が顔に落ちてきたりしてたな…」

「そうそう、保育士さんとの連絡帳はマンガも入れてすごい力が入っていたなあ。読み直そうかな」なんて思い出しました。

 

もう、ワーキングマザーあるあるのエピソード満載。

拳闘士と神官のジェンダーロールの話、伝説の魔法使いと若手の魔法使いの呪い、神官の兄である将軍と専業主婦であるその妻、伝説のシーフと吟遊詩人であるその夫のそこじゃない気の使い方とか…

そうそう、保育士の待遇問題も大事。

そして私は、後半の母親神話の否定攻撃が現代的でとてもいいと思いました。

 

こういうエンターテインメントで、現状の問題点に焦点を当てるというのいいですよね。また、テレビドラマ化してほしいな。

 

子育てする人が、日々感じるモヤモヤや困りごとを言語化・映像化して、楽しくカタルシスを得ることのできる本です。 

伝説のお母さん つづきから

伝説のお母さん つづきから

 

 

 

PHPのびのび子育ての12月号で『小児科医ママが教える子どもの健康Q&A』の連載をしています。

小児科医ママが教える子どもの健康Q&A 12月号の #phpのびのび子育て に載ってます。 #どうかん山こどもクリニック 裏表紙のイラストがかわいい❤️

 

PHPのびのび子育て2020年12月号

PHPのびのび子育て2020年12月号

  • 発売日: 2020/11/09
  • メディア: 雑誌
 

 

大丈夫とは?

私はホームベーカリーで全粒粉パンを作ることを続けていますが、

たまにponちゃんもやってくれます。

ホームベーカリーでは発酵まで。

その後、スルトンに入れてヘルシオで焼きます。

油を敷いたりしなくていいので便利。

 

f:id:yasumi-08:20201013162923j:plain

この日はとてもよく膨らみました。

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20201013163226j:plain

「beeちゃん、すごい膨らんだパン生地見る?」と聞いたところ、

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20201013163326j:plain

「大丈夫。」とお断りされていました。

かわいそうなponちゃん。

 

f:id:yasumi-08:20201106095858j:plain

kodomoe 12月号で感染症に負けない体づくりについて協力しました。

今月号はすごいですよ!

f:id:yasumi-08:20201106101002j:plain

かわいい!バッグ付き。

f:id:yasumi-08:20201106095705j:plain

カレンダーもノラネコぐんだん!

 

 

 

 

冴え渡っていないponちゃん

f:id:yasumi-08:20201008195515j:plain

「私は今、いい感じに…」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20201008195556j:plain

「ボーッとしているから、勉強をする。」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20201008195637j:plain

「冴え渡っているとゲームしちゃうから…」

とponちゃんが言うので、そういうものなんだーと思いました。

皆さん、そうですか?

 

 

そんなponちゃんが「大人になったらこれを食べようってずっと思ってた」というチョコレートがこちら。

f:id:yasumi-08:20201029082909j:plain

けっきょく「私には苦い…」というのでbeeちゃんと私でおいしく食べました。

ponちゃんには代わりにこれをあげた。

f:id:yasumi-08:20201029083741j:plain

サク山チョコ次郎はおいしいって食べました。

ponちゃんは二十歳である。

 

 

 大きいパックもあるし、

コンビニにはスタンドパウチもあった。