読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「むすメモ!」を読んで。

つかさちずるさんの本が発売されました。 

むすメモ!  妊娠中~2歳

むすメモ! 妊娠中~2歳

 

Twitterやブログでおなじみの人も多いと思うんだけど、ちずるさんが妊娠出産、育児をする中で

思ったことやあったエピソードが、かわいいマンガで描いてあります。

うちの子ども達が小さい時は、埼玉と東京だったので、ちずるさんのところはお家が広そうだし

公園や自然がたくさんありそうで羨ましい。

でも、新米ママの孤独感はどこにいても共通だし、子どもが活動的になると事故に気をつけ

なくちゃいけないのはおんなじですね。

 

 

ちずるさんは以前、私の本を紹介してくれました。

srdk.rakuten.jp

 

 

この記事にもあったし、むすメモ!にも書いてあったけど母に苦労を強いていいことはないと

いうことを再確認しました。分娩の時の痛さ、授乳の痛さを耐えるちずるさんは、かわいそう

だった。無痛分娩が普通に選べたら良かったし、らくちん授乳BOOKをあげたかった。

 

母乳じゃないといけないんじゃないか、IQが!って思いつめる母たちと医者クラスタの間で、

完全母乳栄養について話題になっていたのを最近Twitterで見かけました。

意外と多くの医師が「自分、ミルクで育ちました」と言っていたのが面白かったです。

 

IQのためにできることは母乳だけじゃないし、人が成功するために必要なのはIQだけでなく、

むしろそれ以外の要素が大きい。お母さんがつらくて泣いているよりも、子どもにとっては

笑顔のママが「大好きよ」って抱きしめてくれる方が幸せではないですか?

巻末でちずるさんが、子どもがこんなにかわいいなら2人目もほしい、いやきっともっと

大変だと逡巡するところがでてきますが、少子化で先細りの日本はこういうお母さんたちの

背中を押さなくてどうする?

もっと楽できる選択肢が増えたら、日本にかわいい子どもが1人でも増えるかもしれないし、

辛かったり悲しかったりする女性が1人でも減るかもしれない。

 

ほんわかした気持ちになれる本、オススメです。

 

むすメモ!  妊娠中~2歳

むすメモ! 妊娠中~2歳

 

 

広告を非表示にする