なぜにbeeちゃんは?

ふと、聞いてみました。

f:id:yasumi-08:20170116102916j:plain

「beeちゃん、2歳の時にお風呂で、隙あらばシャンプーをニュルニュル湯船に入れたよね。

あれは、何が面白かったの?」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20170116103023j:plain

「知らん!!」

って憮然とする10歳のbeeちゃん。

 

忘れちゃっているんでしょうね。

今頃そんなことを聞いても、しかたないとは思いながら聞いてしまいます。 

 

「ねえ、なんで綿棒のことをミミテンボーって呼んでたの?お耳掃除するから?

テレビのことはテベリだったね。食べるのことはパベル。

あれは、子どもにはそう聞こえているんだっていう説があるけど、本当?」

「知らない!忘れた!」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20170116103109j:plain  

「そして、ダメだって言ってるのに湯船のお湯を飲んだよね。なんで?」

 

 

 

 

f:id:yasumi-08:20170116103222j:plain

黙っちゃいました。

 

 

そうだよね。

だから、出生時や誕生前の記憶があるという子どもの話は不思議で、にわかには信じられない。

お話としては面白いけれど。

 

 

 

アピタルの「大丈夫!子育て」更新しました。インフルエンザの話。

www.asahi.com

広告を非表示にする